So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

平成27年1月1日施行の税制改正 [相続覚え書き]

人の生活の中で避けることのできないもののひとつに、人が亡くなることにより始まる『相続』という問題があります。

平成27年1月1日に施行された税制改正では相続税に関する改正も含まれています。

最近の相続・贈与の関連参考書を見るとほとんどの本で一番に取り上げられているようです。

なぜでしょう?

答えは、この改正によって相続税を払わなくてはならない人が増えるから。

これまでも相続した財産の価額が 5,000万円+(1,000万円×法定相続人の数) までであれば税金がかからない基礎控除額は設定されていました。

それがこの改正で 3,000万円+(600万円×法廷相続人の数) と引き下げられたのです。

今までなら払わなくてもよかった人でも今後は払う必要が出てくるということ。

2,000万円から違ってくれば、その差は大きいです。

一方で子や孫に対する結婚・子育て支援資金としての一括贈与に非課税措置が創設されていたりもします。

相続財産が控除額を超える方は、相続税問題に強い税理士さんに相談してみるといいかもしれませんね。


行政書士は遺言書の作成のお手伝い、相続人・遺産の調査などを行います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。