So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

中間貯蔵施設の問題 [ニュース]

ネットでは海外メディアが空撮した中間貯蔵施設の映像が公開されていますね。

とんでもない量の汚染土壌、汚染廃棄物が、とんでもない広さの敷地に保管されているとんでもない映像です。

目の前がすぐ海なんてところにも山積みにされているわけですが、この状態のままでもしまた地震が起きて3・11のときのような津波がきたら・・・あれが流されるようなことになったらどうなるんだろうと思うと恐怖を感じます。

国内メディアではほとんど目にすることがない映像ですが、どこからか規制されてでもいるのでしょうか?



中間貯蔵施設では、その敷地の所有権者の問題も起きています。

所有権者が見つからない、連絡が付かないことがあるらしく、共同墓地などできちんと登記がされていないことが多いのが原因の一端のようです。

土地柄、山林とか休耕地とかの相続登記がおろそかになっていることが多かったようで、それがいかに大切かということが、図らずも東日本大震災によって明らかになったということでしょうか。

不動産の所有権移転や抵当権設定の登記申請は司法書士の先生、建物新築登記や土地の分筆登記は土地家屋調査士の先生が専門家です。

相続や譲渡などで不動産の権利移転等が発生したときには、速やかに登記することが必要ですね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。